なろうのアニメ情報ブログ

リゼロの鼠色猫/長月達平がすき。メモがてら作ってみました

洋食のねこやはどうして異世界で開店しているのか?

ねこやの扉は何?
アニメ化されて気になった人もいるのではないでしょうか。
あれは魔法によるものです。

扉だけ異世界に行って土曜の日だけ出現します。
開いたら閉じてしまい、そこから同じ日に入ることはできなくなります。

扉が出現するのはどこへでも。
あそこには大陸を大きく隔てたそのまた海の向こうから。
いろんな場所から一か所に集まってきます。

エルフが非常に高度な魔法技術を使っていると言っていました。
これを作ったのは洋食のねこやのおばあさんです。

このおばあさんはヨミといいます。
巫女の娘で作られた存在です。
悪鬼と恐れられる雄と闇の巫女を使用しました。
方法について詳しくは語られていません。
感情が希薄です。

長い間続いた魔族と人間の戦争を終わらせた
4英雄のうちの一人で
邪神を倒したところ、相手に異世界転移させられました。

時代は終戦直後の日本。
おじいさんはヨミにロースカツをおごって胃袋をつかみ
結婚へ。
ヨミが海へ身投げしたものだと思い込んでいたおじいさんは
それはもう優しく接したのですがヨミがそれに気付くのは
数年後。

戸籍は
戦後のどさくさに紛れてごまかしました。
その後は洋食のねこやを営んでいましたが
30年前にエルフの遺産を見つけます。

エルフは進んだ魔法技術で異世界渡りが
できたのでその時のものです。
現在のエルフは異世界から持ち帰った疫病で
数を減らしてしまいました。

その遺産を改造して扉を作ります。
ヨミと賢者アルトリウスのの合作で
その遺産は
なかなか凝った改良を加えていて
異世界からの訪問者がねこやに訪れると
鈴の音が聞こえます。
通常はからんからんと普通の音。

仮に「出入り禁止」になると
その人はいくら扉の前でがちゃがちゃやっても
開かなくなります。

異世界の人は外に出られず建物内なら
移動できます。